防犯カメラ設置の前に~防水以外の性能が高いカメラ~

防水仕様の防水カメラ設置は実際どうなのか聞いてみよう 防水仕様の防水カメラ設置は実際どうなのか聞いてみよう

防犯カメラに求める性能は防水仕様だけではない

防犯カメラ設置するといっても、様々な製品があるため、設置する前にどのような製品があるのか把握しないといけません。

防犯カメラの種類

白黒・カラーカメラ
防犯カメラには、カラー映像を映し出すカメラがあります。明かりのあるところであれば、カラー映像として映すことができます。ですが、明かりのない場所となるとカラーの映像として出ないので、白黒で映し出されます。こういった白黒の防犯カメラは、マンションなどの賃貸物件などへの取り付けが基本となっているようです。
暗視カメラ
暗視カメラは、暗い場所の撮影を行うことができるカメラになります。暗視カメラには、高度なCCDや赤外線投光器が搭載されているものがあります。他のカメラとは違い、撮影できなさそうな所でも映像を映すことができるのです。夜になると街灯がない住宅地に最適な防犯カメラになります。また、このカメラは夜だけじゃなく日中でも撮影はできます。
デイナイトカメラ
デイナイトカメラは、日中のような周囲が明るい時はカラー映像を映します。周囲が暗くなると、自動的に白黒映像に切り替わります。デイナイトカメラの種類の中に、専用照明を内蔵しているので、明かりが入らないところでも設置することができます。昼夜問わず映像をしっかり映すことができるので、屋外の設置に適しているカメラです。

空き巣被害に備えたカメラを選びましょう

防犯カメラ設置するのであれば、カラー映像を映し出すものを選んだ方が良いでしょう。カラー映像だと、怪しい人が映った時に、着ていた洋服の色、車の色、ナンバーを確認することができます。また、空き巣に入られた際でも、犯行に使われた道具、空き巣犯の顔など証拠として残せます。

TOPボタン