防水仕様のものとダミーカメラをコラボ~効果的な防犯カメラ設置~

防水仕様の防水カメラ設置は実際どうなのか聞いてみよう 防水仕様の防水カメラ設置は実際どうなのか聞いてみよう

防水仕様のカメラを複数用意できなくても大丈夫

防水仕様の防犯カメラ設置を行なうには、複数台用意しないといけませんが費用が高くなります。複数台用意しなくても防犯効果を高める方法があります。

ダミーカメラを設置してみる

女性

ダミーカメラとは、偽物の防犯カメラのことです。ダミーカメラは、空き巣犯を威嚇できる防犯対策カメラになっています。本来の防犯カメラとなると、映像を映すことができます。しかし、このカメラはダミーの防犯カメラなので、映すことはできません。映像を映すことはできませんが、防水仕様の防犯カメラと組み合わせることで、偽物と気づかれることはありません。金額としては、1000円以下になっています。そのため、手頃に手に入るので、カメラを数台置きたいけどそんな余裕はないという方にお勧めしたい防犯カメラになります。

ダミーカメラを設置する際の注意点

ダミーカメラを設置するなら本格的な製品を選んでください (取り付け工事業者)

ダミーカメラを設置しましたが、夜や家の周りが暗いと映りにくくなってしまいます。空き巣犯なのか、家に訪問した方なのか見極めるのが難しくなってしまいます。また、ダミーカメラのような安いカメラを設置していればいいだろうと思って選ばないようにしましょう。そうなると、空き巣犯にセキュリティーが甘いと見破られてしまいます。防犯カメラ設置するなら、本格的な製品を選びましょう。

本物の防犯カメラを広く映せる場所に設置しないと意味がないです (取り付け工事業者)

ダミーカメラは簡単に取り付けられるので、購入を検討される方が多いです。ですが、もし空き巣に入られた際に、犯人の証拠を残すことができなくなってしまいます。ダミーカメラは威嚇効果がありますが、映像の撮影できないので、万が一の時に備えて本格的なものを設置するようにしておいた方が良いと思えます。それでもダミーカメラを取り付けたいのであれば、防水仕様の防犯カメラを併設して取り付けるようにしましょう。

防犯カメラ設置は犯罪を未然に防ぐことが大切

防犯カメラ設置をすることで、犯罪を食い止めることができます。空き巣犯や不審者は、カメラがあることで警戒してしまい狙われる可能性は低いといえます。空き巣犯として家に入られた際は、防水防犯対策カメラ設置した、映された映像を頼りに捕まえることができるのではないでしょうか。

TOPボタン